薔薇の花束は本数に意味がある

薔薇の花束は本数に意味がある

心を形に表す薔薇の花束

古(いにしえ)から、想い人へ気持ちを伝える花として薔薇は用いられています。それゆえに 恋愛に関する花言葉が多いことでも薔薇は有名です。

映画やドラマなどで愛を伝えるために1本の薔薇を贈る場面など見たことはありませんか?薔薇の花束ではなく、なぜ一輪の薔薇なのでしょう。それには意味があるんです。

薔薇の本数には意味がある

  1本  「一目ぼれ」「あなたしかいない」
  2本  「この世界は二人だけ」
  3本  「愛しています」「告白」
  4本  「死ぬまで気持ちは変わりません」
  5本  「あなたに出会えた事の心からの喜び」
  6本  「あなたに夢中」「お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう」
  7本  「ひそかな愛」
  8本  「あなたの思いやり、励ましに感謝します」
  9本  「いつもあなたを想っています」「いつも一緒にいてください」  
 10本  「あなたは全てが完璧」
 11本  「最愛
 12本  「私と付き合ってください」
 13本  「永遠の友情」
 21本  「あなただけに尽くします」
 24本  「一日中思っています」
 50本  「恒久」 
 99本  「永遠の愛、ずっと好きだった」
100本  「100%の愛」
108本  「これ以上ないほど愛しています」
365本  「あなたが毎日恋しい」
999本  「何度生まれ変わってもあなたを愛する」

薔薇の色にも意味がある

赤     「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」「美貌」
橙     「無邪気」「魅惑」「絆」「信頼」
黄     「友情」「平和」「愛の告白」
緑     「穏やか」「希望を持ち得る」
青     「夢かなう」「奇跡」「神の祝福」
紫     「誇り」「気品」「尊敬」
白     「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」「純潔」「清純」
黒     「貴方はあくまで私のもの」「決して滅びることのない愛、永遠の愛」
ピンク   「しとやか」「上品」「可愛い人」「美しい少女」「愛の誓い」
緋色    「灼熱の恋」
紅色    「死ぬほど恋焦がれています」
濃紅色   「内気」「恥ずかしさ」
虹色    「無限の可能性」
絞り模様  「満足」
ドット柄  「君を忘れない」
<色が選べる一輪の薔薇>

贈りたい相手別おすすめの薔薇

恋人へ

赤の薔薇、プロポーズに贈るなら108本がベスト。13本なら「友情」になるので注意!

女友達

ピンク色の薔薇、「可愛い人」という意味のピンクなのでお友達に喜ばれます。

男友達

橙の薔薇、男友達に薔薇を贈る機会はレアですが、花言葉の意味は「信頼」「絆」

父親

黄色の薔薇、父の日の定番色。「平和」など安定の意味。

母親

紫の薔薇、「気品」「尊敬」の意味は母親へはピッタリの色。

婚約した人、結婚した人へお祝いとして

白の薔薇、白はピュアな色なのでおめでたい席にはピッタリです。

卒業した人、退社する人へ

青の薔薇、これからの未来を応援する青色の薔薇は、男女問わず喜ばれます。


大切な人に薔薇の花束を贈ろう

花言葉を上手に伝えるには

1、花言葉を書いたメッセージを入れる。

日本語で書くのが恥ずかしいなら、英語で書いて入れましょう。おしゃれな感じになります。

2、花言葉辞典を一緒に贈る。

最終手段ですね。花束と一緒にサラッと本を添えて贈りましょう。


<花言葉辞典のおすすめです>
新装版 誕生花と幸せの花言葉366日
<本数が選べる薔薇の花束>