魚肉ソーセージの知られざる実力

魚肉ソーセージを6ヶ月間毎日食べ続けた結果報告

魚肉ソーセージを食べようと思ったきっかけ

昨年(2020年)の夏頃、爪によくヒビが入って洋服とか繊維質的なものに引っ掛かりやすくなりました。なんかそうなった時ってイラッとしませんか?それに硬いものを捲ったりすると爪が割れて、割れたところがまた何かに引っかかったりして、イラッとする。そこを爪切りで切ると深爪になってしまい、そこが少し痛かったりする。爪が伸びてくるのを待つしかないわけですが、原因は何かと考えると、やはりカルシウム不足というところに着地するんですよね。あなたもそう思いませんか?

爪はカルシウムで出来ている?

爪は「カルシウムで出来ている」と思いがちなのですが、実は「タンパク質」で出来ているんですね。「ケラチン」という名の「硬いタンパク質」で爪は出来ています。ケラチンタンパク質には、システィンというアミノ酸の一種が含まれており、形は異なりますが毛髪のアミノ酸の構成要素と同じだそうです。もちろんカルシウムも爪を構成している要素の一つですから、爪が割れるのはカルシウム不足だというのもあながち間違いではないような気がします。要は、バランスのいい栄養を摂ることが爪を強くする解決策であるということですね。

ということで「魚肉ソーセージ」を食べようと思ったキッカケは、爪が弱くなってすぐにヒビが入ったり、欠けたり、割れたりしたからですが、もう一つ理由があって、私には心臓疾患がありますので、血液をサラサラに保たなければなりません。そこで魚に含まれる「DHA」「EPA」を摂取しなさいという主治医に「普段、あまり魚は食べないので、魚肉ソーセージはどうでしょうか?」と質問してみたら「魚肉ソーセージいいですね。食べなさい。DHAやEPAが含まれているのがいいですよ、カルシウムもね」という返答をもらったので、爪を強くする目的と循環器系疾患予防も兼ねて「魚肉ソーセージ」を食べ始めました。

魚肉ソーセージを毎日1本食べ続けた結果

食べ始めて2ヶ月ほど経過した頃には爪の割れはなくなりました。6ヶ月経過すると爪はかなり硬くなり、丈夫になっています。爪の表面もツヤが出てきて、薄いピンク色になっています。表面にあった縦線状の凸凹も少なくなりました。健康な爪の条件を満たしてきているのではないかと思います。そして気のせいかもしれませんが、爪が伸びるのが早くなっているような感じがします。何故なら、爪を切る回数が増えているというか、あれ?この間切ったのにもうこんなに伸びている。という感じです。

爪は割れなくなるには最低2ヶ月間は、毎日、魚肉ソーセージを食べた方がいいという結果になりました。そして6ヶ月続けると健康な爪の条件(硬さ、つや、ピンク色、縦筋が少ない)を満たす結果となりました。

継続は力なり

続けることの大切さを表したことわざですが、まったくその通りだと思いました。続けることの大切さをまさか「魚肉ソーセージ」で学ぶとは、といった感じです。ははは。あっ!決して魚肉ソーセージが大好きという訳ではありません。できれば、ウィンナーの方が好きです。ウィンナーを炒めて食べる方が断然好きです。

ジェルネイル、ネイルアートをされている方にも超おすすめ

爪自体が健康でないと「ジェルネイル」も「ネイルアート」も綺麗に施術することができません。また、施術後も健康を損なってしまう環境に爪がさらされることによって、爪のトラブル(爪が薄くなったり、グリーンネイルになったり、爪白癬)にもなりかねません。常に爪を健康に保つためにも栄養を摂取するのは大事ですね。

合わせて食べるといい食品紹介

魚肉ソーセージだけでなく、合わせて一緒に食べるといい食品ということで、私が毎日食べている体にいい食品をご紹介します。

  • 魚肉ソーセージ(DHA、EPA、カルシウム含有)
  • ヨーグルト(いろいろ食べてみました。これ好きなんです)
  • チーズ(いろんなチーズ食べて、これに落ち着きました)
毎日食べ続けたら便秘も下痢もしなくなった。美容にいい!

魚肉ソーセージ、ヨーグルト、チーズの三種を食べ続けた結果、便秘しなくなり、下痢もしなくなり、毎朝、決まった時間に快便です。日に3回する時もあります。嬉しいことに下っ腹も引っ込んできました。腸内環境もかなり改善されてきているのではないかと思われます。そうそう!あまり臭くないんですよ!あれが!この三種を食べる前は、自分で自分のあれの臭いにノックアウトされていたくらいなので、かなり腸内環境良くなっているんだと思います。美容にもいいですね。

いつ食べているの?他には何を?にお答えします。

ランチの時間帯に頂いています。仕事場に持っていくランチバックの中身は、この三種がテッパンのメインで、その他に飲み物は3本(ブラックコーヒー2本と炭酸水orお茶、たまに炭酸飲料)そしてパン類です。パンはその日によって変わります。バターロールだったり玄米ロールだったり、お気に入りはブランという小麦ふすまのパンですが、魚肉ソーセージ、チーズに合うパンをセレクトしています。プラスしてナッツが入っていたり、ドライフルーツが入っていたり、金柑が入っていたりもします。と言ってもセレクトして準備してくれているのは花の妖精ですけどね。ははは。毎日のランチバックの中身を用意してくれてありがとうございます。

ランチバックは重要

今使っているランチバックは2代目なのですが、トート型のバックです。両サイドにもポッケが付いているので、ちょっとしたものを入れるのに便利ですが、最近もう少しだけ大きいのが欲しいなと思っています。何故なら、飲み物と食べ物でパンパンの状態なので、もう少し余裕があって、他にも物が入れられるスペースがあれば、通勤にランチバック一個で行けるからです。(現在は、ランチバックの他にカバンと計2個なので)

下記のランチバック良さそうです。

引き続き、魚肉ソーセージ、ヨーグルト、チーズの三種はテッパンでランチに食べ続けて参ります。この食品以外にもっといいものがあったらコメントで教えて頂けると喜びます。よろしくお願いします。

投稿者: Campe

古民家暮らしの日常生活をブログに書いています。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。